注文住宅購入時の住宅ローンで気を付けること

住宅ローンは返済期間が長いので、気を付けたい点

注文住宅は、広さや間取りによっても多少の違いがありますが、高額な費用が必要になります。ほとんどの人は、銀行や信用金庫などの金融機関で、住宅ローンを組んで購入しています。注文住宅を購入時の住宅ローンで気を付けることを知っておく必要があります。住宅ローンには、固定金利と変動金利の2種類があります。銀行や信用金庫で審査を受けた後に、どちらかを選ぶ必要があります。住宅ローンは30年から、35年の長い期間に及ぶので、長い人生の中では、収入が減少したり、お子様の進学や結婚などで出費がかさむことも多いです。固定金利の場合は、長い間でも金利が変わらないので、返済計画を立てやすいのが特徴です。変動金利と固定金利にはどちらも長所と短所があります。

住宅ローンは健康状態も重要

銀行などの金融機関は、住宅ローンの遅延や貸し倒れなどのリスクを避けるために、厳しく審査を行っています。金融機関では、団体信用生命保険の加入を義務付けていることがほとんどです。健康状態が良好な場合は問題ありませんが、入院中だったり、病歴によっては加入が出来ないこともあります。住宅ローンの審査を受ける時は、なるべく若くて健康な時に申し込みをしましょう。住宅ローンを申し込む前に、なるべく頭金を多めに貯めておくと、住宅ローンの返済期間を短くすることが出来ます。複数の金融機関を比較して、なるべく低金利で利用できる所を選ぶことが大事です。キャッシングやカードローンなどの債務がある人は、なるべく完済をしてから申し込むのをお勧めします。