注文住宅購入時の住宅ローンの返済期間

夢の注文住宅購入で大切なこと

夢のマイホームの購入の中でも自分の想い通りの家を建てることができるのが注文住宅になります。建売の一戸建て住宅に比べると、使う資材から間取りまで建築基準法にのっとっていれば好きなような形で組み立てていくことができます。そのため、建売一戸建て住宅の購入に比べると高くつきます。お金がかかるのでできるだけ多くの頭金を蓄えておいた方が良いでしょう。多くのお金を頭金として蓄えておくことで、住宅ローンの借入金額が少なくなります。住宅ローンの借入金額が少なくなれば、住宅ローンの返済期間も短くなるでしょう。よく35年で住宅ローンを組む人がいますが、できるだけこの期間よりも短い期間で返済しておいた方が良いでしょう。

住宅ローンの返済期間は?

注文住宅でマイホームを購入した時、住宅ローン返済は最長で35年ローンということになりますが、この年数で借り入れした場合、繰り上げ返済を行わなかったとすると、かなり多くの利息分を支払うことになります。ですから、最初の設定の段階でできるだけ短めの住宅ローン返済設定にしておきましょう。30年よりも短い期間で設定できると良いですが、月々の返済額、ボーナス時の返済額との兼ね合いもありますから、そのあたりは実際にシミュレーションを行った方が良いです。今まで賃貸マンションや賃貸アパートを借りていた時の家賃と同等の住宅ローン返済が望ましいです。この金額を基準としてどれくらいの期間で返済できるかを確認し、短めの返済期間でローンを組みます。