注文住宅購入時の住宅ローンの魅力

普通ではとても手が出ない住まいをすぐに購入することができる

注文住宅をはじめ。マイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用することになります。住宅ローンを利用することによって得られる最大の理由はやはり普通ではとても購入できない住宅という高級なものをその場ですぐに購入できるという事ではないでしょうか。住宅というのは安くても数百万円しますし、高いものだと億単位の買い物となります。それほどのお金が貯まるまで待っていたらマイホームを購入するのは何年先になるかわからないですし、せっかく貯まったとしてもそのころには目星をつけていた住宅はほかの人に買われてしまっているでしょう。しかし住宅ローンを利用することによって、手元のお金では買えなくてもその場で欲しい家を購入することができます。

いざというときに家族に住居と財産を遺すことができる

もう1つ大きなメリットというのが「団体信用生命保険」に加入できるという事です。たいていの民間の住宅ローンではローンを組んだ際に団体信用生命保険に加入することになっています。団体信用生命保険に加入することによって、契約者が大きな事故に遭遇したりして死亡または働けなくなるほどの重度の障害が残ってしまった際にはそれ以降のローンが全て免除されます。もちろん事故だけではなく命にかかわるような病気にかかってしまって死亡したり、重い障害が残ってしまった際にも適用されます。これによってたとえローンを支払えなくなったとしても、遺された家族はその家から立ち退く必要がなく住み続けることができますし、その家に住む必要がないのであれば売りに出すことも可能です。